UNIDOとの協力:日本企業の技術を活用した12か国へのコロナウイルス等感染症対策支援(4.32億円)

2020/11/12
日本政府が、国連工業開発機関(UNIDO)と協力して実施しているプロジェクト(4.32億円)において、アジアとアフリカの計12か国に対し、日本企業13社の技術を活用し、コロナウイルス等感染症対策を支援することが発表されました。本プロジェクトでは、消毒液製造、衛生的な水の供給、医療廃棄器物の安全な処理など、日本の企業が持つ様々な関連技術を途上国に移転し、コロナウイルス等の感染症への対策をサポートします。
 
この13社は、UNIDOと日本の協力で設置されたUNIDO投資・技術移転促進東京事務所(UNIDO東京事務所)が運営する「サステナブル技術普及プラットフォーム(STePP)」に技術を登録した企業から、UNIDO東京事務所によって募集、選出され、対象国が選定されました。
 
コロナウイルス感染症は、国際社会全体における人間の安全保障上の危機であり、途上国での感染拡大を防ぐためには、国際機関、各国政府のみならず、民間の力と技術を動員していくことが重要です。UNIDOは、産業化の促進による途上国等の開発を使命とし、日本政府は、民間企業と途上国を結びつけるUNIDOの機能を重視しています。本プロジェクトが、優れた技術をもつ13社もの日本企業の協力を得て、日本政府、UNIDOと民間企業の連携によって迅速に実施され、途上国における感染拡大防止の後押しとなることを期待します。
 
 
<実証・技術移転対象国、企業名、対象技術一覧>
 
実証・技術移転対象国 企業名(本社所在地) 技術
インド Jトップ株式会社(大阪) 浄水器
インドネシア 株式会社光と風の研究所(東京) 消毒液
ケニア 株式会社キンセイ産業(群馬)
TSP太陽株式会社(東京)
丸昌産業株式会社(栃木)
医療廃棄物焼却炉
移動式診察設備
抗菌塗装
マダガスカル 中和機工株式会社(東京) 医療廃棄物焼却炉
モンゴル 丸昌産業株式会社(栃木) 抗菌塗装
モロッコ 日之出産業株式会社(神奈川) 生活排水処理施設
ミャンマー 三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社(東京) 地下水ろ過設備
ネパール 丸昌産業株式会社(栃木) 抗菌塗装
ナイジェリア 株式会社テクノメディカ(神奈川) 血液検査装置
セネガル 中和機工株式会社(東京)
テリオステック株式会社(東京)
医療廃棄物焼却炉
消毒液
ベトナム AGC株式会社(東京)
株式会社トロムソ(広島)
食品工場用電解水
浄水器
セネガル テリオステック株式会社(東京) 消毒液
ベトナム 株式会社トロムソ(広島) 浄水器
ウガンダ サラヤ株式会社(大阪) 消毒液製造プロセス自動化
(UNIDO東京事務所ホームページを参照(リンクは以下)) 


【リンク】
UNIDO東京事務所プレスリリース:
http://www.unido.or.jp/news/9579/ 

UNIDO本部プレスリリース(英語):
https://www.unido.org/news/japanese-technology-fight-covid-19-africa-and-asia